生活に密着した仕事を
勢いのある上場企業で!

バローには中途採用で入社しました。もう20年前くらいですね。最初は、京都の金融機関で働いていましたが、どうしても自分に合わなかったんですね。私は、もう少し生活に密着した仕事をしたいと感じていました。また、全国転勤があるような大きな規模の会社で働いたほうが安心だろうとも思っておりました。そんな時、家内が就職情報誌のバローのページを開いて食卓に置いていまして(笑)。ちょうど私の地元である富山県にバローが出店を加速していた時期でした。 私は大学が愛知県で、家内は岐阜県の出身でしたので、バローという企業は知っていましたし、上場企業で信頼があり、積極的に出店していて勢いもある。それなら…とそれが、入社のきっかけですね。

店長の仕事は
「人を育てる」こと

店長として嬉しいと感じるのは、お店の従業員が期待を越えるほどに頑張ってくれているときですね。 私は店長になって10年以上経ち、ベテランと呼ばれるようになりました。店長の主な仕事は「人を育てること」だと思っています。

スーパーマーケットの仕事は、自分で考え、計画し、発注し、売場をつくるという挑戦に対して、その日の夕方には結果が分かります。たとえ失敗しても、また挑戦して、次の日にでも巻き返せる、やりが いのある仕事です。なかなか越えられなかった大きな売り上げ目標を達成した時の、みんなで喜びあう瞬間は格別なものですね。

ここ数年は、人材開発センターができましたので、新入社員がいきなり現場に来るのでは無くて、ある程度研修をやってから店舗に配属されています。店舗での新人教育がとてもスムーズになりましたし、現場は非常に助かっていますね。

私は、「従業員の顔を見る」「売場を見る」そして「数字を見る」、シンプルですがこの3つのことが大事だと思っています。みんなの顔を見ていると、従業員は日々育ってくれていると感じます。 そんな中で、自分の店から次の新店の部門チーフに抜擢される人が出ると聞くと、本当に嬉しい。そのような従業員を現場でどんどん育てていきたいですし、それが私の役割ですね。

休日は家族とリフレッシュ!
過ごし方はアクティブに!

元気で長く働くには、休日の過ごし方も大切です。私の休日は、朝食は家族に合わせて6時からと、早めです。 頭と目が冴えている午前中は読書、ジョギング、サイクリングなどで、家でのんびりすることは、あまりないですね。特に走ることは好きで、年に一度はハーフマラソンかトライアスロンに挑戦したいと思っているくらいです。

家族のだれかと時間があえば一緒に外食したり、あえて他のスーパーで買物して料理をする。おいしいお酒と料理を楽しむのが一番の楽しみですね。